兄弟間相続トラブル


借地権の相続トラブルはそれこそ数多く存在します。良くあるのが兄弟同士で借地権の相続は可能なのかということです。登記などの問題で上がってくることはあります。それまで1人だったものが、2人以上に増えるのですから混乱するかもしれませんが、基本それについて地主の承諾を得る必要はありません。

トラブルこの場合建物登記を2人で共有し登記しておけば問題なく継承することが可能になります。ですが、兄弟の子供という次の世代になった時に相続人が増えることでトラブルが勃発しやすくなってしまい、権利関係が複雑になってしまうこともあり得ます。このような場合は売却してお金を折半するか、他の相続財産を見て相談する方がいいです。定期借地権でない以上、もし借地権を持っている人物がなくなりそれを相続した人が立ち退きを迫られても立ち退く必要はありません。

ですが、借地権を共有していた場合、建物の管理や処分などを1人で決定することが出来なくなります。借地権の譲渡や処分などは他の兄弟である共有者の一致が必要になりますし、管理などにあたる行為には他の共有者の過半数の同意が必要になってきます。またそれに伴い、お金が発生することもないため地主との関係性を正常なモノに戻せば問題はありません。大事なのは借地権を贈与すると税金が発生してしまうという部分です。