地主間トラブル


借地権の相続で地主とトラブルを避けるにはどうすればよいのでしょうか。名義を変更しなくても借地権を相続することはできますが、複数の理由からどうしても名義変更はしなければならないときがきます。そのような場合に普段あっていない地主とのトラブルが発生していしまう場合が多いです。まず借りている土地に自分の子供の名義で家を建てようとすると借地の名義と違うから認められないと承諾してくれない場合があります

譲渡このような場合は強行してしまうと法律に抵触してしまうことがあるので、必ず名義変更を地主の方として親子の共有名義でやってもらうという手段が一般的です。一方で借地権の譲渡は借地人の地位が被相続人から相続人に移転すると移転するということになりますので、譲渡には当たりません。そのため無断譲渡として契約を解除するには当たらないのです。仮に借地人の地位の承諾を認めないという特約をしていたとしても、借地人に不利な契約になるので無効とすることが出来ます。二世帯住宅として新たに新築する場合も注意です。親の借地権を子供に賃転する必要が出てきます。勝手に2本立ての申し込みをしてしまうと後々トラブルになったりしてしまうので、必ず地主の許可をとりましょう。