借地権の相続トラブル


借地権を相続することは可能です。不動産が所有権ではなく、借地権であった場合複数のトラブルが予想されます。中でも借地権の相続についてはややこしい部分があり、もめてしまうところです。買い取り価格はどれくらいなのか、兄弟での共有は認められるのか、大家からの突然の立ち退き勧告など普通の人では分からない部分も多数あります。

借地権それは不動産屋に相談するべきなのでしょうが、相続借地権は多数のトラブルを生んでしまうことから、取り扱いを嫌がる不動産会社も多いのです。実際借地権の相続に関して地主に許可を求める必要はありません。ですが、後々名義変更などでトラブルになることも多いです。またこれに名義変更料や承諾料などといった余計な料金がかからないことを知っていなければ、名義を変更した借主でさえも損をこうむってしまうことになりかねません

この場合借地権について詳しい、低地取扱店へ相談する必要が出てきます。仮に遺言書があった場合、そこに相続人の名前が書かれていれば、所有権移転の手続きのみを遺言書でできることになります。しかし、遺言書がなかった場合、遺産分割の協議を親族でしなければならず、相続人全員がそこに捺印をしなければなりません。現在は法務局のオンラインですることも可能ですが、相続人全員の印鑑証明書が必要だったりと手続きが複雑なことに変わりはありません。そんな借地権の相続について説明します。起こりうる借地権の相続トラブルについて説明します。