底地取扱店に相談


複数の借地権に対するトラブルは、不動産屋ではなく底地取扱店に頼むのが妥当です。借地に対することなのだから不動産業者に頼めばいいのではと思いがちですが、実際借地に対するトラブルは複雑で長引いてしまう場合が多く、そのようなことはやりたがらないのが現状です。無駄に長引いてしまったり、その分の手数料を取られてしまったりといいことはないので専門業者に頼むのがいいです。

底地取扱店特に借地権の相続に関しては「譲渡承諾料」や「名義変更料」など不動産会社に頼んだ場合、払わなくてもいい余分なお金も払わなければならないことがあります。借地権の知識がない身としてはそういうものなのかと納得してしまいます。借地権の交渉についてはいい関係を保ちながら、交渉していくというのが難しく、法的根拠や専門知識なども必要不可欠になってきます。特に更新料や土地代については物価の変動や近隣相場の変動が関係してくるため、特に複雑でトラブルになりやすいです

それを知り尽くし、ノウハウも豊富な底地取扱店ならば、間に立って相続に対するトラブルを解決してくれます。低地取扱を専門としている不動産会社も中には存在します。口コミなどを良く調べて選んでいきましょう。

地主間トラブル


借地権の相続で地主とトラブルを避けるにはどうすればよいのでしょうか。名義を変更しなくても借地権を相続することはできますが、複数の理由からどうしても名義変更はしなければならないときがきます。そのような場合に普段あっていない地主とのトラブルが発生していしまう場合が多いです。まず借りている土地に自分の子供の名義で家を建てようとすると借地の名義と違うから認められないと承諾してくれない場合があります

譲渡このような場合は強行してしまうと法律に抵触してしまうことがあるので、必ず名義変更を地主の方として親子の共有名義でやってもらうという手段が一般的です。一方で借地権の譲渡は借地人の地位が被相続人から相続人に移転すると移転するということになりますので、譲渡には当たりません。そのため無断譲渡として契約を解除するには当たらないのです。仮に借地人の地位の承諾を認めないという特約をしていたとしても、借地人に不利な契約になるので無効とすることが出来ます。二世帯住宅として新たに新築する場合も注意です。親の借地権を子供に賃転する必要が出てきます。勝手に2本立ての申し込みをしてしまうと後々トラブルになったりしてしまうので、必ず地主の許可をとりましょう。

兄弟間相続トラブル


借地権の相続トラブルはそれこそ数多く存在します。良くあるのが兄弟同士で借地権の相続は可能なのかということです。登記などの問題で上がってくることはあります。それまで1人だったものが、2人以上に増えるのですから混乱するかもしれませんが、基本それについて地主の承諾を得る必要はありません。

トラブルこの場合建物登記を2人で共有し登記しておけば問題なく継承することが可能になります。ですが、兄弟の子供という次の世代になった時に相続人が増えることでトラブルが勃発しやすくなってしまい、権利関係が複雑になってしまうこともあり得ます。このような場合は売却してお金を折半するか、他の相続財産を見て相談する方がいいです。定期借地権でない以上、もし借地権を持っている人物がなくなりそれを相続した人が立ち退きを迫られても立ち退く必要はありません。

ですが、借地権を共有していた場合、建物の管理や処分などを1人で決定することが出来なくなります。借地権の譲渡や処分などは他の兄弟である共有者の一致が必要になりますし、管理などにあたる行為には他の共有者の過半数の同意が必要になってきます。またそれに伴い、お金が発生することもないため地主との関係性を正常なモノに戻せば問題はありません。大事なのは借地権を贈与すると税金が発生してしまうという部分です。

借地権の相続トラブル


借地権を相続することは可能です。不動産が所有権ではなく、借地権であった場合複数のトラブルが予想されます。中でも借地権の相続についてはややこしい部分があり、もめてしまうところです。買い取り価格はどれくらいなのか、兄弟での共有は認められるのか、大家からの突然の立ち退き勧告など普通の人では分からない部分も多数あります。

借地権それは不動産屋に相談するべきなのでしょうが、相続借地権は多数のトラブルを生んでしまうことから、取り扱いを嫌がる不動産会社も多いのです。実際借地権の相続に関して地主に許可を求める必要はありません。ですが、後々名義変更などでトラブルになることも多いです。またこれに名義変更料や承諾料などといった余計な料金がかからないことを知っていなければ、名義を変更した借主でさえも損をこうむってしまうことになりかねません

この場合借地権について詳しい、低地取扱店へ相談する必要が出てきます。仮に遺言書があった場合、そこに相続人の名前が書かれていれば、所有権移転の手続きのみを遺言書でできることになります。しかし、遺言書がなかった場合、遺産分割の協議を親族でしなければならず、相続人全員がそこに捺印をしなければなりません。現在は法務局のオンラインですることも可能ですが、相続人全員の印鑑証明書が必要だったりと手続きが複雑なことに変わりはありません。そんな借地権の相続について説明します。起こりうる借地権の相続トラブルについて説明します。